ヒヨコ豆のペースト ホモスのレシピ



うちの食卓では豆類、穀類、ナッツ類が大活躍しております。

このほかにもまだあるんですが
とりあえず棚にのっかっているものだけでも・・・

b0127880_3463393.jpg

b0127880_347083.jpg



今日はうちの定番 ホモスのレシピです。

これは中近東でよく食されるヒヨコ豆のペーストです。

ヒヨコ豆を水につけてもどし(豆の新鮮さによって数時間から一晩くらい)
20分から30分くらい(これも豆によりけり)煮ます。

このとき水がヒヨコ豆のうえ3センチくらいのところにきているように気をつけましょう。

うちではこの時ガーリックを2つぐらい(丸ごと2つじゃないですよっ。袋になってるところを2かけら)入れて煮ます。
ガーリックは包丁で切り込みをいれて、ぐしゃっとたたくと袋から簡単に出せます。
つぶれているほうが味もでるみたいですよ。

かすがでてきたら丁寧にとります。

一粒食べてみて、ほどよい柔らかさになっていたらOK。
塩は煮あがる直前くらいに入れてください。

うちではこれをすこしさましてから先日記事アップしたジューサーで(圧搾のカバーをかえて)圧搾します。
フードプロセッサーやミキサーを使ってもいいですが、煮汁を加えて、モーターが加熱しすぎないように気をつけてね。

これに煮汁とレモン汁とタヒニと呼ばれているゴマペーストを加えてうにうにうにうに~っとよく混ぜます。
うちはすり鉢のすりこぎを使ってます。

ええっと分量としては

ヒヨコ豆2カップ
ガーリック2辺
レモンの絞り汁をテーブルスプーン4杯くらい
タヒニ テーブルスプーン3杯
煮汁はペーストが固すぎず柔らかすぎないくらい調整して・・
それとオリーブオイルを好みの量


情報追加です。

タヒニが何かについて質問のコメントをいくつかいただきました。
これは中東でよく使われるゴマペーストというかゴマバターというか見た感じはピーナツバターのようなもんですね。
ホモスに使うのは白ゴマのタヒニがよいでしょう。

日本の練りゴマで代用できるかどうか、やったことがないのでわからないのですが、日本でもタヒニは手に入るようです。

有機のタヒニはいくつかのサイトで見ましたがどれも同じブランドでワンスアゲインというみたいです。

個別のお店の宣伝はしたくないんですが、夫が日本で利用していたお店のオンライン販売ページのこちらに有機タヒニがでています。

ここでなくてもGoogle検索で有機タヒニとうちこめばいくつか出てきますよ。




綺麗に盛り付けなさりたい方はうちのようにせず
ちょっと深めのお皿にホモスをくるりんとドーナツ型にもりつけ
真ん中にオリーブオイルをたらしいれ
パセリをおいて、かくなるうえにパプリカとクミンをパラパラッと色彩にふりかえます。

うちはそういう細かい配慮をしない家庭料理なので




                      どんっ


b0127880_3475139.jpg





でも美味しいですよ~

これをピタとよばれるぺっちゃんこパンでいただきます。

それはまた今度レシピをアップしますね。


来て下さって有難うございました!
できましたらこちらをポチッとして足跡を残していただけると嬉しいです。(ブログランキングです。) 
ついでにこちらのほうもポチッとしていただけると益々嬉しいです!(にほんブログ村 料理 健康食です。)
よろしくお願いしま~す。


ついでに姉妹ブログのティエタのアニマルファームも見ていただけると嬉しいです。
私達一家(夫婦プラス猫)の住んでいるフランスアルプスの村の様子など、猫を中心に記事アップしています。
[PR]
by tieta4ukitchen | 2008-03-30 03:58 | 中近東料理
<< ピタの作り方 中東のぺたんこパン 抗がん人参ジュース >>