カテゴリ:イタリア料理( 1 )

春のスパゲッティ



うちの食卓で一番多いのは中近東、インドとイタリアの料理です。

それでは第一弾 パスタから・・・

パスタには硬質小麦粉を使います。

日本の麺類との基本的な違いの一つは塩を入れないこと。
ゆがく時にお湯に塩をいれますね。

小麦粉に水だけ
こねた後、アルミフォイルか湿ったキッチン手ぬぐいに巻いて冷蔵庫に一時間から一時間半ねかせます。

パスタマシンでこねたあと
まずはこういう風にのばして


b0127880_18412596.jpg



次にスパゲッティにします

b0127880_18415677.jpg




左下のヘラ、麺類やパンをつくるときかかせない料理道具ですが買うと高いので、うちは夫の大工道具の壁塗り道具を失敬して使っています(あ、料理専用になっていますよ、念のため)。
この方が薄くて使い易いんですよね。

b0127880_18422223.jpg



スパゲッティの入っている亀ざる、これ今まで使った中では、麺類を湯からあげるときに一番使い勝手がよくて気に入っています。
これ、かさばるので、日本からスーツケースに入れて持って帰ってくるのが大変でした。


基本ですが、野菜の使わないところは煮込んでスープストックとして貯えて置きます。
小分けして冷凍しておくと便利。

b0127880_18435044.jpg




今日の具で、多分日本では珍しいのはウイキョウ。

b0127880_18452266.jpg



これと人参、長ネギをいれました。
それにガーリック。
これは好みでパスしてもいいと思います。

うちはできるだけ炒めたり、揚げたりしないようにしています。
これは鍋に少し野菜のスープストックをいれ、沸騰したところに細長く切った食材を入れ、中火で蒸す感覚で火を通します。
しんなりしてきたら塩コショウを加え、それに大豆クリームをあえます。
ゆがきあがったスパゲッティーとあわせ、足らないようなら大豆クリームを足して、パセリを加えて出来上がり。

b0127880_18472946.jpg



大豆クリームは豆乳のもっと濃いみたいなので、生クリームにかわりに使えてとても便利です。

うちは基本的にラクトベジタリアン、つまり乳製品と野菜を食べますがバターは使いません。マーガリンもペケです。
乳製品で食べるのはチーズとヨーグルトです。

油は植物性オイルのみです。
オイルでも加熱に強いのとそうでないのとがあるのでこれも要注意です。
熱に一番強い(酸化しにくい)のはピーナッツオイルです。
しかしピーナッツオイルで有機栽培の非加熱一番絞りというのはなかなかないんですよねー。あったら何本か買いだめします。

できあがった食品にかけたり、サラダに使うのは
オリーブオイルが一番多いです。
それから菜種オイル
胡桃オイル
胡麻油
アーモンドオイル
くらいがうちの常備オイルですね。


来て下さって有難うございました!
できましたらこちらをポチッとして足跡を残していただけると嬉しいです。(ブログランキングです。) 
ついでにこちらのほうもポチッとしていただけると益々嬉しいです!(にほんブログ村 料理 健康食です。)
よろしくお願いしま~す。


ついでに姉妹ブログのティエタのアニマルファームも見ていただけると嬉しいです。
私達一家(夫婦プラス猫)の住んでいるフランスアルプスの村の様子など、猫を中心に記事アップしています。
おっと、大事なことを忘れていた。
ティエタはうちの猫の名前です!
[PR]
by tieta4ukitchen | 2008-03-23 19:04 | イタリア料理