カテゴリ:インド料理( 1 )

ビーツを使ったインド料理



ビーツという触ると手が真っ赤にそまるかぶみたいな野菜、私はフランスに来るまで見たことがありませんでした。

フランス北部ではビーツからとった砂糖をよく使っているようです。
そう、砂糖がつくれるほど、甘みがあるんです。

フランスでは有機食品店などの一部を除いては、すでに煮て柔らかくした状態で売っています。しかもパッケージに入れずに、他の野菜と同じように山積みして売っているところが多いので、長い間私はビーツというのはこういう風に生えているのだと思っていました(汗)。

日本の赤かぶというのとは違うそうですね。
とにかくすごい色です。
血みたいな色をしているせいかどうか知りませんが
血液を新しくし、また血液循環にもよいそうです。
特に肝臓によいらしいですね。

栄養面でもミネラル、ビタミン両方すごく豊富なようです。

日本ではなじみがないようですが、ブログを見ていると、あるんですね。
自家栽培なさっているところもあるし、ネット販売でも購入できるようです。


今日はビーツを使ったインド系のお料理を2つご紹介します。
インド系というのは、例のごとく、ちょいとうち風に変えてあるからです。



ビーツとトマトのスープ

材料

中くらいの大きさのビーツを3個
オリーブオイル 大匙1杯
クミンの種 小匙1/2杯
黒こしょうの種 小匙1杯
丁子 4つ
シナモン スティック 1本
中くらいの大きさのトマト3個、皮をむいて細かく切ったものか、缶入りホールトマト3個分。
塩 小匙約1/2杯
好みで生クリームか豆乳クリームかプレーンヨーグルトを加えてもよい。

作り方

ビーツの皮をむいてサイコロ型に切ります。
うちでは先日アップしたジューサーを使うので、こさなくていいのですが、そうでなければ、カップ1杯半の水を加えてフードプロセッサーかミキサーをつかってブレンドしてから、ジュースをこします。

中火でオイルを暖め、熱くなったら(絶対に煙をたたせてはだめ)上記のスパイスを加え、かき混ぜます。数秒後トマトを入れる。数秒間かき混ぜた後ビーツのジュースを加える。塩とカップ1杯半の水を加える。煮上がったら蓋をして弱火で10分煮ます。漉して、好みでクリームか豆乳クリームかプレーンヨーグルトを加えていただきます。そのままでももちろん結構です。

b0127880_236767.jpg




こちらはビーツとトマトの煮込みです。

材料
中くらい大きさのビーツ6~8個
中くらいの大きさの完熟トマト8個かホールトマトの缶詰2缶
オリーブオイル 大匙3杯
クミンの種 小匙1杯
赤とうがらし(かな?なんて言うんだ・・)鷹の爪でもいいし、多分ハバネロなんかでもいいと思います。
ターメリックの粉 小匙1杯
塩 小匙1杯

作り方

ビーツを1.5センチ角くらいに切る。
できるだけ分厚い保温性の高い鍋にオイルをいれ、中火で暖める。
クミンと赤とうがらしを加えざっとかき回した後ターメリックを加える。もう一度かき回してトマトを入れる (缶詰でなければ、皮をむいて細かく切ったもの)。
すぐに蓋をしてくつくつ煮立たせる。
ビーツと塩を加え弱火で1時間から2時間、ビーツが柔らかくなるまで煮る。

これにヨーグルト、もしくはフレッシュチーズを加えるととても美味しいです!
フレッシュチーズというのはまだ塩をいれていない段階のチーズです。

ビーツはものすご~く固くて、柔らかくなるまでに時間がかかります。
密封性の低い鍋だとその間に水分がなくなってしまうので、時々見て、水を足すとよいでしょう。

できあがりはどこからみても不味そう・・・だけど美味しいんですよっ!!
下手なのは写真です(汗)
あかんなぁ 料理の写真をもっと綺麗にとれるように・・・あ、盛り付けなんかももっと工夫しないとだめですね。

b0127880_2372081.jpg




ところでうちではこういう鍋を使っています。

b0127880_2374310.jpg



鋳鉄なのですっごく重いです。
でも保温性は抜群!
蓋の部分がへっこんでいて、そこに氷か冷たい水をいれると鍋の中であがってきた蒸気が結露して落ち、そのため水分が保たれます。
うちは肉料理はしませんが、水を加えずに肉に含まれている水分だけでゆっくりゆっくり料理できます。
鋳鉄の鍋は殆どがそうですが、これは特に結露の量が多いという設計になっているみたいです。
ただ、時々水をかえないといけませんけどね。





来て下さって有難うございました!
できましたらこちらをポチッとして足跡を残していただけると嬉しいです。(ブログランキングです。) 
ついでにこちらのほうもポチッとしていただけると益々嬉しいです!(にほんブログ村 料理 健康食です。)
よろしくお願いしま~す。


ついでに姉妹ブログのティエタのアニマルファームも見ていただけると嬉しいです。
私達一家(夫婦プラス猫)の住んでいるフランスアルプスの村の様子など、猫を中心に記事アップしています。
[PR]
by tieta4ukitchen | 2008-04-07 02:49 | インド料理